学校を始めます!

極々一部の方には、ちょこっと漏らしてますが、今借りている車道の部屋で「学校」を始めます。
「Cubeitくるまみち しくみとものづくりの学校」と呼ぶことにしました。
ものづくりを学ぶ学校です。「学校」とつけてますが、まあ教室です。将来的に、本当に学校になるといいんですが。10年後には学校法人化・・・まあいうのはタダですから。
入学すれば、工作、料理、プログラミングの3つの分野を、全部好きなように好きなだけ学べます。
理科好きを、メカ好きを、料理好きを、ものづくり好きを、増やします。
工業・製造業分野、職人、技術屋になるしかないでしょ!って人を育てます。
何か足りないもの欲しいものがあるときに、「しょうがないなあ、つくるか」って言ってしまう人を、完成品買ってくると、なんだか負けたような人を、育てます。
「やってみたい!」「知りたい!」を実際にやっちゃいます。実体験にします。「あー!それやったやった!」を出来るだけたくさんにします。
工作教室や造形教室って、ネットで検索するといくつか見つかりますが、どちらかというと芸術や情操や表現や文化や伝承がテーマな感じが多いです。まったくの主観なのですが。それはそれで問題ないのですが、そこへあえて、ものづくりを、科学的、工学的な切り口からアプローチします。
構造やメカニズムを考え、手順を考え、素材を考え、自分で道具を使って、自分の手で加工して作る。そんなアプローチで、ものづくりをとらえます。
観察力、推理力、論理思考、集中力、実行力・・・そんな力がつけられると考えています。それらを、理論・理屈だけでなく、実体験として付けられると考えています。
これまで、おもちゃ病院や、その他のものづくりをいろいろやってきて、世の中に「ものづくりマインド」「自分でやってみる」が、悲しいくらい少ないないことに思い至りました。おもちゃの電池がないだけなのに、接点汚れてるだけなのに、月1回しか開かないおもちゃ病院に持ってくる人がこんなにいるんだ、家にテスターが、はんだごてが、ドライバーがない家が、道具手に入れて自分で直そうとは思わない人がこんなにいるんだ・・・という事実に、愕然としました。
これ、私にはあり得んのです。
愛知県は「ものづくり王国」なのに、そのものづくりを身近にできない、気軽に学べるところ、経験できるところが、悲しいくらい少ないです。
なので、作ります。
今年の初めごろからいろいろ考えていて、コンセプトづくり、チラシやサイト作成などしてきましたが、なかなか煮詰まってきたので、もう見切り発車します。いろいろ浮かぶんですが、悲しいくらいまとまんないので、仕込み50%な感じですが。
あとは走りながら考えます。
対象は、未来ある子供たちです。これには「自称」も含みます。ので、「未来があれば」、年齢性別属性にはこだわりません。
実質、週明け18日からになると思いますが、モニターとして、開校前の実証や準備などにご参加、ご助言、突っ込み入れていただける方を募集いたします。
お気持ちのある方、ご協力いただけると幸いです。
ご縁いただける方、どうぞよろしくお願いいたします。
サイト:http://cubeit.jp/school/
FBページ:https://www.facebook.com/CubeitSchool/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です